情報商材交換について

佐野ひなこ_おっぱい (39)

読み終えた情報商材の交換をしませんか?

情報商材は高額なのに購入しないと内容が分かりません。

セールスページを見てワクワクしながら、購入ボタンを押してしまい、商材を読んでがっかりすることも度々です。

情報商材は交換で内容を確認内容を確認してよいと思ったものを購入するのが賢明です。

お申し込みはこちらのページをご確認の上お申込み下さい。

 

サイト設立の経緯

もう10年前くらいでしょうか、私はこうすればネットで収益を得ることが出来るというEブックの存在を知りました。

今で言う情報商材です。

しかし、セールスレターではとても簡単に稼げるようなことを書いていますが実際は初心者には複雑過ぎたり、もともとお客様のメールアドレスを持っていないと出来ない手法だったりと「最初からそう書いてくれればいいのに」思うことが度々でした。

イラスト情報商材を紹介している人たち(アフィリエイターさん)は折角紹介している情報商材が売れないと収入にならないのでデメリットはあまり強調したくは有りません。立場上仕方ないことです。

本と違って情報商材は立ち読みができません。古本屋も有りません。結局購入しないと内容は分かりません。

イラストそこで注目したのが古本の回し読みとも言える情報商材の交換サイトです。

情報商材販売者の方は実際の内容が曝露される→売上が減る可能性がある。ということで著作権を理由に断固反対の姿勢を取る方がほとんどです。

微妙なところですが、交換する行為だけでは起訴された案件は有りません。

イラスト情報を公開しているわけでは有りません。知り合い同士で回し読みをするだけです。
読んでみてこれは良いと思ったら購入する。消費者の自己防衛と考えてお許し頂きたいと思います。

当サイトの立場としましては情報交換の正当性を主張するわけでは有りませんご不快に思われる方がいらっしゃいましたら当該箇所を削除いたします。
お問い合せよりご連絡下さい 

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)